自己紹介Q&A

どんな性格?
恥ずかしがりのくせにメッチャ喋りますw
好きなものは?
猫とアコギとゲーム!
プログラミングを始めたきっかけは?
AVAというFPSゲームをしていた時に、ふと「このゲームってどうやって動いてるんだろう?」って思ったのがきっかけです(。-∀-)
趣味・特技は?
アコギをポロンポロン弾くこと
あとはゲームかなぁ
嫌いなものは?
偏見とマウント
今後の目標!
波乱万丈な人生を送るために、 常に新しいことに挑戦していきたい!
当面は就職のために実績作り!

人生(経歴)

16歳(やんちゃ期前半
・中学時代生徒会長をやっていたため難なく高校に入学。(入試は面接と”折り鶴”)
・高校ではボクシング部、しかし素行が悪く停部…。
・せっかく入った市立高校を、「遠い」という理由で1年経たず自主退学。(すべてのはじまり)
・定時制高校に編入。しかし友人と遊びほうけていたのでロクに学校も行かなかった…。
17歳(やんちゃ期後半)
・定時制高校は退学し、人材派遣のようなバイトをしていた。名前を呼ばれない仕事(つらかった)
・とび職に入る。しかしキツ過ぎて半年ほどで辞める。
・ぬ~すん~だバ~イク~で走り出す~のような生活を送る
18歳(更生期)
・友人からガソリンスタンドのバイトを勧められる。時給がよかったので応募。
・面接時、一度は送り返されたものの、つまようじのような眉毛をマッキーで極太に書いて提出したところ爆笑されて合格。話題の新人になる。
・当時の店長が、今考えても「厳しくも優しい理想の上司」で、学校に行っていない分の社会常識をそこで学ぶ。もともと真面目な性格なので必死に頑張る。
18~19歳(がんばり期)
・当時GSは土方のように怒号が飛び交うような職場環境だった。そのため洗車なんてものはめちゃくちゃガサツな作業をしていて、それが普通だった。(泥のついたタオルでボディを拭く、など)
・そんなものでお金を取っている店に腹が立ち、「じゃあ俺が変えてやろう」と決意。
●液剤について勉強(使用成分など)、周辺店舗の調査、技術トレーニング(KeePerコーティング会社で実技トレ)などメッチャ頑張る
~21歳(無理しすぎ期)
・何度も店長と相談した結果、店舗で洗車革命を起こす計画が始まる
・洗車トレーニングや講習を自身で提案し、先輩・後輩・店長も含めて全員の技術指導を任される。(当時18歳、重圧パなかった)
・馬鹿にされないように自分もスキルアップ。「キーパーコーティング技術検定1級」を広島支店初合格。
【あほだったので協力者を作ろうとせず、一人でずっとやっていた。】
・頑張っているのに成果が出ない。その時、店舗の管理システムがずさんだったことに気づく。
・「顧客管理」「実績管理」「在庫管理」「技術指導・講習」「イベント企画」の3つに仕事を分割し、それぞれのシステムを見直していった。
・基本的に自分以外からの発案がなかったので、気にせずどんどんアイデアを出して、試して、失敗して…。の繰り返しをしていた。
・その結果リピート率が約10%->60%->80%と増加。
・資格を取ったことによって店舗が「コーティングプロショップ」として認定。新たな看板を掲げる。
・プロショップ認定による新規顧客の増加、徹底した顧客管理によるリピート率維持で、年間の洗車売り上げが約120万UP。

・スタッフトレーニングを繰り返す度、同じことを何度も教えないといけないという問題が発生。「そうだ、DVD作ろう」ってことで空いた時間に教材用DVDを作成。手作り感満載だったがなんと広島支店全店舗のトレーニング用教材として採用された。

・しかし同時期かなりの重圧と疲労、孤独感による軽い鬱状態になる(20歳前後)。
・なんとか辞めずに頑張っていたが、当時FXや情報商材などに興味を持ち、自動ツール詐欺にあってしまう。
・これがきっかけで精神的に不安定になり、会社を辞める。

21~22歳(がむしゃら期)
・会社を辞めた途端、視界が広がっていくことを感じて、やる気が出てきた。
「そうだ、今からならやりたいことが何でもできる!」

~ここからは無計画にいろんなことをやり始める~

【洗車・コーティング屋開業計画】
・今まで恵まれた環境で仕事をしていたことに気づく。
「液剤を買うお金がない!」「作業するスペースがない!」…。
・お金を貯めるために、便利屋を計画する。

【便利屋開業】
・要するに”何でも屋”を始める。(万事屋僚ちゃん)
・田舎に行っておばあちゃんと話をしたり、お墓掃除をしたり。
・当初は服装も和服をベースとして、お年寄り向けのサービスを主にしていた。
・しかしお年寄りの不便は農協などでほぼ解決枯れているそう。需要を求めるならもっと田舎、さらにそこに住まないとな…。となり断念。方向性を変える
・友人や親経由で現場仕事をもらい、大工仕事や内装、家具移動の手伝いなどをしていた。
・お金はもらえていたが、続けていくうちに「やりたかったのはこれじゃない」となり、閉業。

【夜の仕事】
・便利屋とほぼ同時期。
・「まぁ経験として」ってことで夜の仕事を始める(Bar店員、ホスト)
・これについては個人的に聞いてくださいwいろいろと濃ゆいので(;’∀’)

【外国人交流サービス事業に参加】
・これもほぼ同時期。
・友人経由で参加した事業だったが、代表者の雲隠れで揉め、断念。

【そしてやる気を失う・・・・】
・「なにやってもだめじゃん」「やるだけ無駄」「やる気でない」
・堕落した日々を過ごす。
・ゲーム三昧。

23歳(転機)
【プログラミングとの出会い】
・FPSゲームにハマっていた当時、ふと「なんでこのゲームは動くんだろう?」という興味がわいてくる。
・当時今ほどはプログラミングと叫ばれていなくて、「かっこよさそう」というのが始めた時の動機。
・早速プログラミングスクールに入る。よくわからなかったのでおススメされた「Java・IoT」を選択。

【勉強漬けエブリデイ】
・こんなに勉強したのは始めてだと思う。なにせ高校受験もしていないし、大学なんて行ってないので。
・同時期に始めた別のGS夜勤(現在も在職)以外の日は、基本的に朝7時ごろ~夜まで勉強。
・遊びの誘いも断り、家からでなくなる。
~半年の教程を3か月で終える~
・やることがなくなったので、自信をつけるために「Oracle Java SE8 Silver」を取得することを決める。
・なんと1か月で合格(正答率95%)。さらに限界を求めて、高レベルの「Oracle Java SE8 Gold」を目指す。
・めちゃくちゃ勉強。2か月で合格(正答率97%)。

~現在(交流期)

【資格取得は”自信”のため】
・資格をとったのは良かったものの、どう生かせばいいのかわからなくなる
・IoT教程を勧めながら、「なんか違うなぁ」と思いつついろいろ調べる。
・「アプリ開発」に興味を持つ。ちょっと試しにやてみる。たのしい!

【アプリ開発をメインに行う】
・IoTやってるよりアプリ開発の方が楽しいじゃん、やるなら楽しいことしたい!!ってことでIoTそっちのけでアプリ開発にいそしむ。
・引きこもりすぎてコンビニでものを買うとき声が出ず「ア”ッ」っ見たいな声が出る。末期だなぁと感じる笑

【現在】
・何とか頑張って先日(2020/3/1)、人生初となるアプリをリリースしました(´;ω;`)
(よかったら”作ったもの”ページをみてネ)
・将来的にリモートで仕事をもらう、となるとやはりWeb系の方がいいのかな、なんてことを考えたりするけど、今のところはこれが好きなので続けています。
・引きこもりじゃスキルがあっても仕事にならないよねってことで、最近はいろんなコミュニティに自主的に参加して、「人に会う」ことを積極的にやっています。

~ここから先は未来。俺はどう生きる?頼むぞ、俺!!~

SNS